いよいよ最高学年。小学校最後の行事や修学旅行など、思い出深いイベントが多く楽しい一年ですね。一方、思春期に入ったお子さまは、卒業が近づくにつれまだ見ぬ中学校生活への不安がだんだん強くなってきます。学習面の不安は、これまで小学校で学んできたことをしっかり確認することで解消してあげましょう。
6年生になると、社会科では歴史の分野がはじまり、算数では比例と反比例、aやxを使った文字式など、中学校から移行してきた内容も入っています。1日20分間のプリント学習で、教科書を丁寧に理解する。毎日自ら机に向かって学習する力と習慣が身についていれば怖いものナシ!自信をもって中学校の学習に進めます。
授業の内容を理解していれば、学校のテストで高得点がとれます。授業は教科書に沿って進められるので、家庭学習でも教科書に合った教材で進めるのがベストです。
1日1枚20分の学習なら、集中して取り組めますね。毎日一定量の学習をこなすことで、着実に知識を増やし、学力を伸ばして高い教科力を身につけられます。
学校のテスト前にあわてて勉強しようとして、どこから手をつければよいかわからない、ということは避けたいですね。テスト範囲のプリントを解けば対策はOKです。
解答プリントで答え合わせ。間違えた問題があれば、間違えたポイントを確認しましょう。解答プリントの解説を読んで課題を解消すれば、同じミスはおかさないでしょう。
「チャレンジ問題」は、ややレベルの高い問題です。解いてみて分からなければ解説を読んでみて、もう一度チャレンジ。「チャレンジ問題」ができれば自信につながります。